パーティクル

ある一粒のN=1の言葉

はてなに入社してました。そして僕のこと。

はじめまして。id:cormorantcraft と申します。

そこそこ長いことはてなブックマークやってるので、idを見かけた方もいるかもしれないし、まぁでもそうでない人のほうが多いはずです。

実はですね、この度といいますか半年ほど前に株式会社はてなに入社していました。はい。ちなみに職種はデザイナーです!

そんなわけでですね、今日ははてなに僕がきた理由とこのブログを始めてみた理由を書いてみたいと思います。

なぜはてなに来たのか

えー、実はですね。僕はゲイなんですけど。疲れてしまったんですよね。シークレットでいることに。とにかく「あ、もう限界だな。これ以上はもう無理だ」ってなってしまって。

で、はてなではカムアウトした上で働いています!

まー色々ありました。社会に出てから15年以上ですか、ずっとシークレットでやってきて。

昔はですね「別にカムアウトする必要なんてないじゃん。嫌なことがあっても界隈の方で楽しく生きればいいじゃん」とかも思っていたんですよ。でも、色々積もり積もったことがあったりだとか、決定的な出来事があったりだとかして。

んで、僕ももういい歳な訳です。社会人人生の折り返し地点もそろそろ目前、となった時に

「え、もしかしてこのまま人生終わるまで、隠して生きていくわけ?マジで?」

って思っちゃったんですよね。いや、「死ぬまで」?マジで?そうかーマジかー…って。

いやいやいや、待て待て。人生一度しかないじゃないか。それで死ぬまで今のまま? 無理でしょ。あかん、それはあかん、と。

じゃあ、だからって当時勤めていた会社でセクシャリティを公表できるかといったらそれも無理そうで。

なぜかといったら、多様性の多の字も、ダイバーシティのダの字もない「よくある会社」でしかなかったわけで。僕みたいな存在はそもそも「存在していない透明なもの」でしかない。なんならホモフォビアを隠そうともしない人もいましたし。

でもまぁ、そういう会社があってもいいとも思うわけです。無理にそういった会社を変えてやろう!というのも違う話かなと。それこそ多様性ですからね。

しかし、それに付き合い続ける必要性も無いわけです。言ってみれば人のゾーニングです。

あなたたちはあなたたちのままでいい。でも僕は別のところにいく。

アンシーもそんなこといって学園を出ていったよなーと、はい。(ウテナ大好きっ子)

はてなに決まったのは、本当に偶然で。はじめはてなに入るという選択肢が僕の中に全く存在していませんでした(笑) 毎日見てるのに!あまりにも身近すぎたんでしょうかね。

辞めてから最悪1年ぐらいは無職でもいいから次のところはじっくり探そう…と思っていたところに、ピコっと転職サイトのレコメンドではてながやってきましてですね。

「あれ?そういえばはてながあったなー。そういえばはてなってダイバーシティのプレスリリース出してた気がするな…」

と、思い当たり。カジュアル面談から入って、そのあとはあれよあれよという間に決まってしまいました。

いやー、運命ですね。デスティニーですよ!

ブログを始めたわけ

ずっと思っていることあるんですけど、それは「人はエスパーじゃない」ってことです。

「◯◯のことを気遣って◯◯なことは言わないようにしましょう」

って最近よく見かけることだと思うのですが。相手の情報や属性が分からない状況で「気遣う」というのはそこそこ無理ゲーなんじゃないかなぁ、と。

やるとしたらコミュニティ全体で「縛り」を入れることになると思うんですね。

それも一つの有効な方策だと思うんですが、だからといってやり過ぎるとコミュニティ全体が息苦しくなってしまう。

なので、出来うるなら個々に対して無理なく適切な気遣いが提供できる環境になったほうが良いと思うわけです。

でも、それには個々が「自分はどういった人間であるか」ということを発信する必要があります。(そして発信するのに心理的負担のない環境である必要もある【これ大事&そもそもこれが難しい】)

相手に自分の属性を察してもらう(エスパーしてもらう)というのは、かなり難しいことなので。それこそ「忖度」といいますか…。

だから自分の情報・属性を伝えることをやり始めよう、と思いました。

まだ分からないですが、僕もじきに「はてなの外」の人と触れ合う機会、というものが出てくるのだと思います。

今はまだそういった場所(はてなの外側、ダイバーシティなコンテクストの外側)に出るのは心理的ハードルがあるな…と思っていますが。いざそういった状況になったときに、僕がそういった人間であることが分かっているのと分かっていないのとでは「相手側」の難易度が変わってくるはずです。単純に地雷踏みにくくなりますしね。

それにLGBTが嫌いって人もいるでしょうし、そういう人には僕の情報を知って「自動的に避けて」貰った方が良いと思うんですよね。きっとその方がお互い幸せで建設的。嫌って避けるのも権利だし、それをするにも情報がなければ避けようがないですからね。

うん。なので、今後このブログ通して自身の人となりを知っていただければ、と思います。

 

ブログの名前は「パーティクル」としました。

よくダイバーシティ界隈ではモチーフとして「虹」が引用されますが、僕自身は多様性って「粒状」だと思っているんですね。

人は個々の一粒でしかない。そしてその一粒一粒に「属性」がタグのように付いているだけ。あえていえば、その粒達が領域(リージョン)で区切られてるとかはあるかもですが。

まぁ、そんなイメージがあるのでこの名前になりました。

あと、基本的に会社(はてな)のこととか、時事トピックについてとかも書かないかな、と思います。

あくまで個人(N=1)の言葉で普遍的な事柄を書き綴っていくつもりなので、エッセイを読む感覚でお付き合いいただけたらなーと思います。

初回から長くなってしまいましたが、どうぞよろしくお願い致します。

 

【追記】

全体読み返すと、なんだかカムアウトすることが良いみたいに読めちゃうかもしれませんが、僕自身は「カムアウトしてもいいし、しなくてもいい」と思っています。あくまで僕のパーソナリティ・メンタルではカムアウトした方がしんどみが少なそうだなーって思ったから、しちゃっただけなので。なので、あまり僕の駄文には影響されず、自身の選択を大事にしてもらえればと思います。